ベンチャー企業への転職

【大企業とベンチャーの違い】両方を経験した現役WEBマーケターが語る

【大企業とベンチャーの違い】両方を経験した現役WEBマーケターが語る

 

大企業とベンチャーなら、
どっちの方が良いの??
ナオキ
ナオキ
僕が思うに、大企業とベンチャーは正反対ですよ!違いを良く見ておかないと後悔するかもしれないので、今回は要注意ですね!

 

この記事を書いた人
ナオキ
ナオキ
どうもこんにちは!
WEBベンチャーのメディア編集長のナオキです!
  • 関西出身
  • スキー大好き
  • 人見知りのビビりw
  • 20代のキャリア発信ブロガー
  • 総合商社の営業マン
    ➡ベンチャー企業へ転職
    メディア編集長(☜Now)
    (→メディアで部署独立)
    (→社内で新しいビジネス)
    (→好きなことで生きる)

WEB業界へ転職を目指す20代へ向けて『綺麗事で生きていく!』をテーマに仕事を楽しみ人生を豊かにする会社員の生き方を発信しています!

会社を利用して人生を楽しむために、
転職や仕事に役立つ情報をお届けしていきます!

 

 

今回のテーマは、
『大企業とベンチャーの違い』です!

就活中の大学生や、転職活動中の20代からも、この手の相談は非常に多いです。

というのも、
僕も新卒で入社した総合商社からWEB業界のベンチャーへ転職しました。

お悩み人
お悩み人
なぜ大企業からベンチャーへ転職したの?

という手の相談が相次いでいます。
僕はいつもこう答えます。

ナオキ
ナオキ
昨今では副業解禁する企業がドンドン増え、終身雇用が完全に崩壊したことにより、企業に頼ることなく個人で稼ぐ力を付けるためにベンチャーで経験を積みたいから

ですが、
だからと言って「大企業はダメだ!ベンチャーへ行くべきだ!」と一概に言いたいのではなく、両方にそれぞれメリット・デメリットがあります。

そこで今回は、いま会社選びの最中で、大企業に行くべきかベンチャーに行くべきか悩む人へ向けて両社の違いについて実際に両方経験してきた僕が詳しくお伝えしたいと思います!

大企業かベンチャーで迷った人がまず考えるべきこと

大企業とベンチャーのどちらか迷った人がまず考えるべきことは、

【自分が将来どうなりたいか?】

ということです!

大企業での仕事とベンチャーでの仕事は全く別物ですので、そこから得られる経験も全く異なります。

 

給料や福利厚生で迷う人もいますが、
20代のうちにお金や待遇で仕事を決めてしまうことには僕は反対しています。

(一生その会社に勤めるなら別ですが…)

自分のキャリアイメージをしっかり固めていく中で、会社を選んでいきましょう!

それでは次から大企業とベンチャーのメリット・デメリットをそれぞれ見ていきたいと思います!

大企業のメリット・デメリット

大企業のメリット

  • 社会的信用がある
  • 福利厚生が充実している
  • 規模の大きな仕事がある
  • 若いうちから安定して高い給料がもらえる

大企業に勤めるメリットは、
一般的に安定感があることです。

社会的信頼という意味では、会社の看板の影響が強いので、仕事を取ってくることもベンチャーよりも容易でした。

僕が総合商社で新規営業に行った時、
一部上場企業というだけで話を聞いてくれたことも頻繁にありました。笑

会社が倒産しない限りは、
同じ会社にずっと務める分には大企業は良いかもしれませんね。

大企業のデメリット

  • 上司や勤務地を選べない
  • 裁量権が持てるまで時間がかかる
  • 人間関係が複雑
  • 責任と対価が割に合わない

大企業のデメリットは、
会社の縛りが強いことです!

大企業では、自分で決められることはほとんど無いと思って間違いないでしょう。部署や勤務地も基本的には会社が言う通りに従わなければなりません。

総合商社では働く業界も選べないという…

また大企業の一番のデメリットとしては、
出世するまで裁量権が持てないことですね。

ベンチャーのメリット・デメリット

ベンチャーのメリット

  • 圧倒的に裁量が大きい
  • 個人で稼ぐ力が付く
  • 出世しやすい
  • 成果が出せると楽しい

ベンチャーの一番のメリットは、
大企業とは段違いに裁量が大きいことです!

僕自身も入社してからすぐ新規ビジネスの立ち上げを担当させてもらい、日々奮闘しています。

めちゃくちゃ大変ですし、しんどいこともありますが、成果が出せると大企業とは比べ物にならないくらい嬉しいです^^

ベンチャーのデメリット

  • 社会的信用が低い
  • 労働時間が長くなる
  • 福利厚生が不十分なことも
  • 最初のうちは給料が安い

ベンチャーは良くも悪くも”自由”です!

その自由が悪い方向に働き、
仕事を頑張るあまり労働時間が長くなったりしてしまうこともあります。

結果主義のベンチャーならではのデメリットかもしれませんね。

大企業とベンチャーそれぞれで活躍できる人の特徴

ここまで大企業とベンチャーのメリット・デメリットをご紹介してきましたが、それぞれで活躍している人の特徴も見ていきたいと思います!

大企業かベンチャーで迷っている人は、
ここで紹介する内容を参考に、どちらが自分に合っているかを考えてみて下さい!

大企業で活躍できる人の特徴

大企業で活躍できる人の特徴
  • 言われたことを上手くこなせる人
  • 大人数を巻き込んで物事を進められる人
  • 長く務められる人

大企業では、まずは大きなビジネスの歯車の一部として、言われたことを全うすることが求められます。

なので、どちらから言うと自力で0→1を生み出す人よりも、忠実に効率よく業務をこなす人が好まれます。

そして、年次が上がるにつれて役職が上がり、周りの人を巻き込むリーダーシップも必要になってきます。

ベンチャーで活躍できる人の特徴

ベンチャーで活躍できる人の特徴
  • 自ら行動を起こせる人
  • 0から価値を生み出せる人
  • 貪欲に学ぶマインドがある人

ベンチャーは大企業と違い、
1から丁寧に仕事を教えてくれるということはありません。

なので、自ら動いて貪欲に学び、結果を求めて行かなければなりません。

本気で自分で何もかもビジネスを創っていきたい人は、ベンチャーでは大企業の何倍も大変ですが、成長できることは間違いないでしょう!

つまり大企業とは反対で、
0→1を創り出せる人が活躍できる世界です!

大企業とベンチャーの違い まとめ

それでは今回のまとめです!

大企業とベンチャーの違い

「大企業かベンチャーか?」
どちらが正解かは人によって違います。

もし迷った時は、
必ず「自分が将来どうなりたいのか?」と立ち返りましょう!

 

それでは今回は以上です!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

 

\SNSでこの記事をシェア!/
▼▼▼

【1分でできる】
オススメ転職エージェント診断

約3~5つの質問に答えるだけ!
あなたにピッタリのサイトを診断します!

Q1
利用したいのは?