MENU
ベンチャー企業への転職

【ベンチャー転職の7原則】20代のキャリアアップで失敗しないために!

 

↓次から記事が始まります!!


 

20代 男性
20代 男性
今までは大企業にいたけど、ベンチャーが楽しそうだし転職してみようかな!

最近はこのように考える20代が増えているそうです!

ベンチャーの魅力や転職する前に考えておくことは何があるでしょうか?

ナオキ
ナオキ
どうもこんにちは!
『20代のWEB業界最強転職術』のナオキです!

ダウンタウンさんを愛する超絶お笑い好きのWEBマーケターが、今の20代へ向けて『人生の航海士になれ!』をテーマに自分の人生を自由にコントロールするための生き方を発信しています!

このブログでは、WEB業界への転職を始め、仕事やキャリアアップについて面白おかしくお届けします!

 

最近では、大企業よりもベンチャーに興味を持つ若者が増えてきており、それだけ仕事や将来について考えている人が多いということなのかもしれませんね。

ですが、やはりベンチャーについて詳しく知らない人も多いので、いざ転職しようとしても本当にベンチャーに入って大丈夫なのか不安になりますよね?

そこで今回は、
僕が25歳でベンチャーへ転職する前に、現役のキャリアアドバイザーへ相談して学んだことを「ベンチャー転職で大切な7原則」としてご紹介します!

後半には、ベンチャー転職で最もよくある失敗例オススメの転職エージェントをご紹介していますので、是非最後までご覧下さいね!

ベンチャー転職の”後悔しないための”7原則

まずはベンチャー企業へ転職する際に、
後悔しないための7原則をお伝えいたします。

この7原則は、僕が現在勤めているWEBベンチャーへ転職する際にお世話になった転職エージェントのアドバイザーのお話を基に作成しました!

これからベンチャー企業への転職を考えられているかたにも必ず参考になる内容ですので、一つ一つチェックしていきましょう!

大企業での成功体験をそのまま活かそうとしないこと!

大企業で実績を残した優秀な人がベンチャー企業へ挑戦するという話はよく聞きますね。

そして大企業で積み上げたスキルや経験が全く通用しなかったという話も同時によく聞きます。

これまで大企業で結果を残してきた優秀な人だからこそ、違いを意識しないままにベンチャーへ転職してしまいがちなのかもしれません

ここから言えることは、

「大企業で得られるスキルとベンチャーで求められるスキルは異なる」

ということですね。

大手からWEBベンチャーへの転職で後悔しないために知るべき真実
↓次から記事が始まります!!








今回は、「大手からWEBベンチャーへの転職で後悔しないために知ってお...

今のスキルで即戦力になることを意識し過ぎないこと!

自分の持てるスキルを活かして即戦力になってやろう!

そう考えることは決して悪いことではなく、
むしろ素晴らしいことだと思います。

ですが、今の自分が持つスキルがすぐに転職先で役立つとは限らないので、特にベンチャーの場合は「どんなスキルが求められているのか?」を入念にチェックしておきましょう!

一流企業出身という「悪いプライド」は捨てること!

謙虚さが欠けた状態で転職することは非常に危険です!一流企業出身でプライドが高い人は、過去の成功体験に縛られていることが多いです。

新しい会社で活躍するためには、
新しい環境に適応する意識が大切ですね!

入社前の評価と自分の能力を冷静に見極めること!

仮に転職の選考を通過して内定をゲットしたとして、入社前には「自分のどこが評価されたのか?」ということも把握しておきましょう!

なるべく成果を出すために、

『会社がどんな人材を必要としていて、そして自分のどんなところが評価されたのか?』

ということを事前に調べておきましょう。

もしミスマッチがあると、特にベンチャー企業では後々しんどい思いをすることにもなるので、要チェックです!

創業期の会社に経歴を高く買われた時は注意せよ!

一流企業や有名大学といった輝かしい経歴は確かにその人の武器ですね。

ですが、ベンチャーから経歴を評価されてオファーを受けて入社を決めたくなる人も実際に多いそうです。

一概に良くないこととは限りませんが、20代では特に明確なキャリアプランを考えて入社することが大切です。

キャリアアップのための考え方についてはコチラの記事を参考に!

【変化を楽しもう!】20代会社員がキャリアアップするための考え方

今回の記事は、
「転職の思考法」という良書を参考に作成しました!

是非一度読んでみて下さいね!






...

「伸びているから」という理由だけで入社を決めるな!

急速に成長している創業初期のベンチャー企業のことを「勝ち馬スタートアップ企業」とも呼んだりしますが、ここでも要注意です!

『伸びている会社で働く=あなたの価値が上がる』

とは限らないということです!

転職しただけではまさに“勝ち馬”に乗ってるだけなので、

  • 「どんなスキルを身に付けたいか?」
  • 「将来にはどうなりたいのか?」

しっかりと自己分析を行い、
キャリアプランを立てるようにしましょう!

転職活動中の入社3年目社員のための後悔しない『転職の軸』の作り方
↓次から記事が始まります!!




入社3年目というと、転職を考え始めることが最も多いのが3年目だと言われています。
...

資金調達に成功した後の会社への転職も要注意!

ベンチャー企業の募集では、「〇〇円の資金調達」というアピールをしている求人もよくあります。

資金調達額は、スタートアップ企業の将来性を考える上で重要な判断材料の一つですが、調達額の多さだけで転職先を決定するのは危険です。

企業が資金の使い道を間違えると、
途端に会社は傾いて転職者は職を失うことになります。

調達した資金の有効な使い方を決めることもまた難しく、会社としても大きな分かれ目になりますよね。

ベンチャー転職で最もよくある失敗と注意点

転職エージェントに聞いた話では
ベンチャー企業に転職した人の最もよくある失敗は、

『転職先で思うようにスキルが活かせず、結果を残せなかった』

というものでした。

 

ベンチャー企業は結果を出すことが出来れば本当に夢のある場所です。それは間違いなく断言できます!!

  • 若くして高い収入を得られる
  • 大企業では考えられない程の裁量がある
  • スキルが身に付いて半端なく成長できる

そんな夢がある反面、
結果を出せないと余計に苦しい状況になる
ということも考えられます。

 

そのため、自分の実力を発揮して結果を出すことがベンチャー企業への転職を成功させるための最優先事項です!

なので

会社がどんなスキルを求めているのか?

まずは徹底的に調べ上げ、
自分が入社して結果を出せそうな会社を選ぶことが大切ですね!

ベンチャーと大手企業の大きな違い

ベンチャーと大手企業との違いはたくさんありますが、

最も大きな違いは『自由さ』です。

【WEBベンチャーってスゲー】転職初日の感想「自由すぎw」
↓次から記事が始まります!!








いよいよ転職面接で
内定をもらったWEBベンチャー企業に入社します...

上記の記事は大手商社からWEBベンチャーへ転職した僕の経験談ですが、ベンチャーへ入社して一番びっくりしたのは「何もかもが自由!」な社風だったことです。

『自由』と言われると、会社員の友達からは「いいなぁ~」と言われることが多いですが、自由なことで良い面と悪い面の両方があるということは要注意です。

 

自由による良い面・悪い面
(会社によって多少異なります)

  • 場所や時間に縛られない働き方ができる
  • 仕事の裁量が大きい
  • 人間関係が良い
  • 細かく面倒を見てもらえない
  • 結果を出せないと給料が上がらない
  • 結果的に長時間労働になることも

20代でベンチャー転職に成功するために

何をもって「転職が成功した」とするかは人それぞれです。

  • 「年収が上がった」
  • 「自由な時間が増えた」
  • 「嫌な上司と縁を切れたw」

どれも転職成功だと思いますが、
まずは自分にとって何が転職成功なのか?
を考えましょう!

ちなみに僕のブログでは「会社を利用して好きなことで生きるために稼ぐスキルを身に付ける」ということを大事にしているので、踏み台にできる会社に転職できれば成功ですね!笑

 

ということで…

ベンチャーへ転職するためには、
まずは自分に必要なスキルを考えましょう!

この場合の「自分に必要なスキル」というのは「好きなことで稼ぐためのスキル」です。

転職先のベンチャー企業の選び方

転職先のベンチャーを選ぶ時の非常に重要なポイントのお話しをします。

ベンチャーへ転職するには、
「欲しいスキルが身に付くから」
という理由では弱いのです。

ナオキ
ナオキ
ここは要注意!!

会社も社員を採用する際には「戦力になるかどうか?」という目線で選考をしているので、ただ「成長したい」というだけの志望理由では採用しても本当に戦力になりそうか判断できないのです。

結果、不採用ということになりかねません…

お悩み人
お悩み人
じゃどうすればいいの??

全くのゼロベースの人では会社側も使い道に困るので、

会社が自分を使いやすい様に
事前に少しでもスキルを付けておくのです!

分かりやすく言えば、「自分は~で役に立ちますが、まだ~なところが未熟です」と言える状態を作っておくことですね。

自力で必要なスキルを学びながらも会社で働いて強化していく

というスタンスでいることで、
自ら行動していることをアピールもできますね!

(結局のところ、好きなことで稼げるようになるには自ら行動を起こさなとダメですよね!)

 

ここまでの話を踏まえて、
転職先のベンチャーの選び方の話です。

結論は…

好きなことで稼ぐために必要なスキルを強化できそうな会社を探す

本当に強化できるかどうかは、
詳しくエージェントに話を聞いたり、面接で質問してみないと分からないことも多いと思いますので、あえて「強化”できそうな”会社」としました。笑

ナオキ
ナオキ
とりあえず受けてみるっていう感じでOK!

ベンチャー転職にオススメの転職エージェント3選

最後にベンチャー転職にオススメするエージェントをご紹介します!

いずれもこちらの記事で徹底的に比較しています。

【絶対登録すべき!】第二新卒・20代専門転職エージェントをランキング形式で大比較!
↓次から記事が始まります!!








こんな方へ向けて、今回は第二新卒・20代で転職したい人へオススメでき...

転職活動は自分だけで判断して進めていくよりも、いかにエージェントを上手く活用できるかどうかが成功する鍵です!

ベンチャーに関しては特に自力で調べても分かる情報が少ないので、転職エージェントを通して事前に質問ができることからもベンチャー転職にエージェントは必須ですね!

できればエージェントを利用して「どんなスキルが求められているか?」を聞いておくと良いですね!

 

それでは今回は以上になります!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

今回のまとめ

ベンチャー企業へ転職前に「会社はどんなスキルを求めているのか?」ということをまずはリサーチしましょう!

そして、自分が会社を選ぶ際は「欲しいスキルを強化できそうな会社」を選ぶようにしましょう!

 

【1分でできる】
オススメ転職エージェント診断

約3~5つの質問に答えるだけ!
あなたにピッタリのサイトを診断します!

Q1
利用したいのは?