20代の最強仕事術

【知らなきゃ一生の損!】仕事がデキる人が必ず使う交渉のコツ

 

人見知りで交渉が苦手…
上司に提案するのが怖い…

なかなか他人には相談しにくいけど
このようにお悩みの人は多いのではないでしょうか?

ナオキ
ナオキ
どうもこんにちは!
『20代のWEB業界最強転職術』のナオキです!

ダウンタウン松本人志さんが大好きな超絶お笑い好きWEBマーケターが、今の20代へ向けて『人生の航海士になれ!』をテーマに自分の人生を自由にコントロールするための生き方を発信しています!

このブログでは、WEBベンチャーの自社メディア編集長の僕が、WEB業界への転職を始め、仕事やキャリアアップについてお届けします!

 

生きていると交渉からは避けては通れません。仕事・恋愛・遊び…などなど、ありとあらゆる場面で交渉は必要になりますよね!

当然交渉は上手い方が人生で得をしますし、逆に交渉のコツを知らないと一生損をすることになってしまいます。

 

交渉が苦手な人の特徴として、
自分の思っていることを一生懸命相手に伝えてしまうのです!

お悩み人
お悩み人
え?それの何がダメなの??
ナオキ
ナオキ
フフフ…本編が楽しみですね(笑)

そこで今回は、
仕事がデキる人が必ず使っている交渉のコツを極秘にお伝えします…

今回の内容を完璧に使いこなすことができれば、怖かった上司とのコミュニケーションも余裕!苦手な営業も余裕!クラブでのナンパも…余裕(?笑)

是非最後までお楽しみください^ ^

今回の参考図書▼

仕事のデキは全て「交渉の仕方」で決まる!

交渉力が仕事の成果につながる仕事は、
営業だけだと思っていませんか?

交渉は、大小関わらずどんな仕事のどんな職種であっても必ず成果を出すために必要です!

例えば、個人で作業のすることが多そうなエンジニアでも社内やクライアントとのコミュニケーションがあります。

社外とのやり取りが無い仕事でも、社内の人の協力してもらったり承認をもらうためには交渉が必要になります。

つまり、社内外問わず自分の思い通りに相手を動かすことが仕事のデキに繋がるのです!

上司から「イエス」を引き出す交渉の3ステップ

 

上司から「イエス」を引き出す交渉ができれば、やりたいことを自由にできるようになります。

普段からの関係性はもちろん大事ですが、
ここからは今日からでも使える具体的なテクニックをご紹介します!

①自分の思っていることをそのまま言葉にしない

まずは交渉を失敗する人の特徴として、
自分の思っていることを一生懸命相手に伝えてしまう」というものがあります。

お悩み人
お悩み人
え?それの何がダメなの??

 

残念なことに、
真面目に自分の気持ちを伝えたいと思っている人ほど陥ってしまいがちです。

もちろんそれ自体は悪いことではないので、少し伝え方を変えてあげるだけで受け取る印象はガラッと変わり、嘘のように上司から「イエス」を引き出せます!

後輩
後輩
ナオキさん!
取引先へ一緒について来て欲しいです!
ナオキ
ナオキ
なんで、おれが一緒に行かないといけないんだ?

となりますよね。

この場合、後輩は「とにかく、ついて来て欲しい!」という自分の頭の中をそのまま言葉にしているのです。

「自分の思っていることを一生懸命相手に伝えてしまう」のはNG

②相手の気持ちを想像する

まずは自分のお願いに対して、
相手がどう考えるか?を想像します。

もし自分が思っていることをそのまま相手が聞いて「イエス」と答えてくれそうであれば良いのですが、相手の立場を考えて「ノー」と答えられそうな場合は、相手の性格や好きなことも想像して「どんな提案の仕方が効果的か」考えてみましょう。

この時に相手が自分の相談を受けるメリットとデメリットも考えてみましょう!

③相手のメリットがあるように提案する

②で考えた「相手のメリット」と「自分のメリット」が一致するように内容を整理して提案をします。

この時に大事なのは『伝え方』です。
相手にとってメリットになる伝え方をすることです。

交渉で最も意識しておくべきことは、
「相手にメリットが伝わっているか?」ということであり、相手のメリットを意識することで結果的に自分が求めることが達成できれば良いのです!

「相手のメリット」「自分のメリット」が一致するように内容を整理して提案をします。

交渉のコツは相手の立場になって考えること

「交渉のコツは相手の立場で考えること」
営業関連の本にはよく書かれていますが、これは間違いなく正しいです!

自分がこれから交渉やお願いごとをしようとしている上司は、今から自分が話すことを聞いて喜んでくれそうか?

快く引き受けやすくなる提案をすること
こそが「イエス」を引き出す交渉のコツになります。

ちなみに相手の気持ちを考えるために、詳しくは前回の記事にてご紹介しました、効果的な7つのポイントがあります!

【人の心を動かすポイント7】すぐに仕事で活かせるテクニックを伝授!



なかなか他人には相談しにくいけど
このようにお悩みの人は多いのではないでしょうか?




ダウンタウン松本...

交渉に失敗する原因は「相手のメリット」が提示できていないから

 交渉が苦手な人は…

一生懸命に自分の考えを相手に伝えようとしても、相手のメリットを示せずに自分のメリットを全面に押し出してしまうのです。

まずは“自分目線”から“相手目線”に切り替えることで伝える言葉も確実に変わり、きっと結果も変わりますよ^ ^

ナオキ
ナオキ
自分の思いだけを伝えていないか?話す前に確認してみましょう!

上司の「イエス」を引き出す交渉のコツ まとめ

それでは今回のまとめです!

上司の「イエス」を引き出す交渉のコツ
  1. 自分の思いをそのまま言葉にしない
  2. 相手の気持ちを想像する
  3. 相手にメリットがあるように提案する

交渉で一番大事なことは、
自分目線ではなく相手目線を持つということです。

そして、しっかりと準備した上で交渉が失敗してしまった場合は、相手が悪い!と考えるのは絶対に避けましょう。「自分のどこが悪かったか?」と振り返り、次は必ず成功させてやりましょう!

とにかくまずはチャレンジ^ ^

 

それでは今回は以上です!
最後まで見ていただき、ありがとうございました!

 

【1分でできる】
オススメ転職エージェント診断

約3~5つの質問に答えるだけ!
あなたにピッタリのサイトを診断します!

Q1
利用したいのは?