『俺の転職活動体験記』

【感動】「会社を…辞めます!」 25歳の商社マンがついに上司に退職意思を告白!その時、上司の反応は…!?

↓次から記事が始まります!!


 

ナオキ
ナオキ
やあ!俺はナオキ!
25歳の商社マンだ!

今回は、ついに上司へ会社を辞める告白をした話をしよう!

筆者は先日、
新卒で入社して3年目になる今の会社を辞める決断をしました。 

というのも、
いい就職.com」という転職エージェントへ行き、ずっと行きたかったWEBマーケティング会社への内定をもらうことができたからです。 

 

前回、終業後に直属の上司と2人きりになるために、全員が帰るまで残業をしてるフリをして待っていました。

そしていよいよ2人きりになって話を切り出そうと思ったものの、緊張で頭が真っ白になりました!

そして何とか仕切り直し、
ついに意を決して口を開きました!

ナオキ
ナオキ
あの…〇〇(上司)さん!!

 

前回のストーリーはコチラ▼から!

「アレ…?頭が真っ白に…」25歳の大手商社マンがいよいよ会社を辞める告白当日!まさかの事件発生!?
↓次から記事が始まります!!










筆者は先日、新卒で入社して3年目になる今の会社を辞める決断を...

 

そして今回、
いよいよ衝撃の告白です!!

退職意思を聞いた上司は、
どんな反応をして、何を言ったのか!?

今回も、リアルな実話をお届けします!

 

『会社を辞めます!!』ついに衝撃の告白

前回の続き…

筆者はついに
気を決して口を開きました。

 

ナオキ
ナオキ
あの、〇〇さん!!
上司
上司
ん?
ナオキ
ナオキ
僕、決断したことがあるんです。
会社を…辞めて違う仕事を始めようと思うんです!

(言った…ついに言った!!)

 

………………………………

 

無限のように感じる刹那の沈黙の後、
上司は落ち着いた口調で言いました。

 

上司
上司
そうか、じゃあ(部署の)配置を考えないといけないなぁ…
ナオキ
ナオキ
(え?それだけ?
引き止めたりされて口論になるかもと思ってたけど…)

 

想像とは大きく異なる上司の反応に、
思わず面食らってしまいました。

突然部下に退職を告げられた上司が語ったこととは…

上司
上司
ところで、次はどんなことを考えてるんだ?

 

上司は穏やかな表情と口調で訪ねてきました。

 

ナオキ
ナオキ
WEB業界で、マーケティングの勉強をしていきたいと思っています!
ナオキ
ナオキ
ネットの力で自分の好きなスキーの情報発信で稼いでいくという目標ができたので、新しい業界ですが挑戦したいと思いました!
上司
上司
そうか、そしたら俺は応援するだけだなぁ
上司
上司
確かにお前は少し変わってるもんなぁ(笑)
思い切ったことをする奴だと思ってたよ。

ここのような古い会社じゃなくて外で挑戦してきてもいいかもしれないな!

 

あっさり受け入れてくれたことに拍子抜けしました。

しかし上司の立場になって考えると、
新卒で入社してきてから3年間、将来活躍してもらうために教育してきた部下が突然「会社を辞める」と言い出すわけです。

それに、業績も決して好ましくない会社の状況で来年の心配もしないといけない中、これから人員編成まで再度考えないといけない…

心中は穏やかではなかったに違いありません。

 

上司
上司
それに、お前は偉いな。
まだ時間に余裕を持って伝えてもらえたら、こっちも色々と配置を考えられるし、引継ぎもお願いできるしな(笑)

早めに言ってくれて助かったよ!

ナオキ
ナオキ
いえ、そんなことは…

それに、会社の状況を考えたら、
ここの人たちにも迷惑をかけてしまうし、申し訳ない気持ちはやっぱりあります…

上司
上司
でも、もう決めたんやろ?
ナオキ
ナオキ
はい。
上司
上司
お前が迷った末に決断したことなら、
俺は応援するしかないな。

まだ迷ってるって言うんだったら、
お前に説教しなきゃいけなかったんだけどな(笑)

 

正直、涙が出そうになった。

 

上司と退職について話した後に思ったこと

この上司には、
仕事で問題が発生した時は何度も助けてもらってきました。

  • 品質不良でお客さんのところへ謝りに行ってくれたこと
  • 納期の調整に力を貸してくれたこと
  • 仕事のやりがいを話し合ったこと

 

そして今もこの人の男気に救われている。

(無事に会社を辞めさせてもらえるだろうか?)

この人に対しても、
そんな心配をしていたことが情けなくなりました。

 

最初は確かに社内の人への申し訳なさもあったんですが、「有給消化もしたいし、早めに抜けられたらいいな」って思っていたのですが、上司と話してからは「最後まで会社のために頑張ろう」と思いました。

(あ、有給消化はちゃんとしますよ笑)

 

けど、それと同時に、
いつまでも「社内に申し訳ない」とか思っていてはいけないんだ!とも思いました。

それはやっぱり上司が筆者に言った通り、
自分で決めたことだから、”申し訳ない”とか”これからの会社の心配”なんてする資格はありません。

 

結局その日は9時くらいに上司と二人で会社を出て、駅で別れるまで一緒に歩いて帰りました。

今後に挑戦したいことを色々と話しながら帰りましたが、別れ際に、

上司
上司
それじゃ!
話してくれてありがとう!

そう言って勢いよく肩を叩いてきたので、

ナオキ
ナオキ
ありがとうございました!

そう言って、
深々と頭を下げて別れました。

会社に辞める意思を伝えた感想

以上で、筆者が緊張と不安で会社へ退職意思を伝えた話は終わりですが、この一連の出来事の感想を最後にお話しして終わりとします!

今回に退職までを経験した筆者が言えることはただ一つ。

転職後に前の会社と関わりがあろうと無かろうと、

絶対に円満退職するべきです!!

喧嘩別れの様になってしまっては、
せっかく転職してやりたかった仕事に就けたとしても、モヤモヤしたまま次の仕事を始めることになるかもしれません。

それでも問題なければいいのですが、
せっかくなら気持ちよくキャリアを終了させ、次のステップへと進んだ方がいいに決まっていますよね!

 

筆者の場合は、社内の人に恵まれたおかげで、
大きなトラブルも無く退職できそうですが

最近はネットを見ていると、

  • 退職届を受け取ってもらえない
  • ボーナスを減らされた
  • 賠償請求された

そんな悲惨な話もたくさん見かけます。

 

そんな残念なケースに直面した場合は
気分をスッキリさせて次の仕事に臨むためにも、しっかりしかるべきところに相談しましょう!

「これから会社を辞めたい人へ」会社に退職届を受け取ってもらえない時の対処法「これから会社を辞めたい!」転職活動の努力が実を結んで次の就職先も決まり、会社を辞める時には試練がありますよね。今回は、筆者が色々調べてみた中で、退職届を受け取ってもらえず、会社を辞められなくて悩んでる人の本質的な悩みを解決できるような対処法を優先順位を付けて整理してみたので、是非ともご参考にして下さいね!...

 

それでは最後に参考として、
オススメの転職エージェントをご紹介してお別れしましょう!

ナオキ
ナオキ
最後まで見てくれて、
どうもありがとう!
【絶対登録すべき!】第二新卒・20代専門転職エージェントをランキング形式で大比較!
↓次から記事が始まります!!








こんな方へ向けて、今回は第二新卒・20代で転職したい人へオススメでき...

【1分でできる】
オススメ転職エージェント診断

約3~5つの質問に答えるだけ!
あなたにピッタリのサイトを診断します!

Q1
利用したいのは?