MENU
20代の最強転職術

【経験談】転職エージェントを最大限に有効活用する賢い方法!

↓次から記事が始まります!!


 

ナオキ
ナオキ
やあ!俺はナオキ!
WEBマーケティング会社に転職が決まった25歳の商社マンだ!

筆者は、転職活動の末に希望していたWEBマーケティング会社へ”業界未経験からでも”転職することができました。

それは、転職エージェントを最大限に活用できたことが、無事に希望の会社に内定をもらえた最も大きな要因でした。

 

皆さんも転職活動を始める時は、
まずは転職エージェントを探して面談に行くことから始めると思います!

が、しかし!

せっかく面談へ行ったにも関わらず
転職エージェントを上手く活用できなかった場合、

  • 希望していた求人が出てこなくて時間を無駄にした
  • 紹介された求人が自分に合っていなくて、転職後にミスマッチに気付き早期離職

なんて最悪なケースも十分あり得るわけです。

 

ということで今回は、

『転職エージェントを最大限に有効活用する賢い方法』

をご紹介していきます!!

ナオキ
ナオキ
これから転職活動を始める人は、
是非ご参考に!!

転職エージェントを最も有効活用する方法

転職エージェントを最も有効活用するための方法は、次の通りです!

  1. 事前情報を正確に伝えておく
  2. 自分の希望を伝える
  3. 紹介された求人の感想を正直に伝える
  4. 書類や面接のサポートサービスは出来るだけ頼る
  5. 面接の感想は全て正直に伝える

 

これらを一言でまとめるとすると…

”転職エージェントの紹介”と”自分の希望”をしっかり合わせること!

 

中でも一番大事なのは、
「自分の希望を“正確に”伝える」ということですね!

 

ナオキ
ナオキ
まずはキャリア面談に行く前に、
自分の事前情報と希望をまとめておこう!

転職エージェントへ事前情報を伝えておく

キャリア面談の前に、
自分の情報を事前に伝えておくことは重要です!

その理由は、エージェントに前職等の経歴を見せて準備をしっかりしてもらうためです!

事前情報が伝わっていないと、当日の面談の内容も薄く、紹介される求人もミスマッチが起きやすくなるからです。

転職エージェントへ自分の希望を伝える

ここは中でも最も重要なところですね!

自分の希望を「正確に」担当エージェントへ伝えること

それが、
転職エージェントを利用して転職活動を成功させるポイントです!

自分の希望の伝え方についてですが、
それは別で詳細の記事を用意します!!

最初はあれもこれもになって良いので、
可能な限り「全て」の希望を話してしまいましょう!

ナオキ
ナオキ
ここは最重要ポイントなんで、
しっかり見ておこう!!

転職エージェントから紹介された求人を見た感想を正直に伝える

キャリア面談へ行くと、希望の業界や職種についてヒアリングを行い、その希望に合わせていくつか求人を紹介してもらえることがほとんどです。そこで見た求人の感想を率直に答えてみましょう!

そして、ここは気を遣わずなるべく正直に答えましょう。

エージェントのやる気を削ぐようなことは言わない方がいいですが…(笑)

 

もし紹介された求人が全て自分の希望と合わない場合は、

「どこが自分の希望と合っていないのか」

ということを伝えて、
エージェントの認識とと自分の希望の微調整をしながら、なるべくマッチしてそうな求人を引き出しましょう!

転職エージェントの書類や面接のサポートサービスは出来るだけ頼る

転職エージェントの多くは、
転職者が選考に通りやすくなるような様々なサポートがあります!

転職エージェントの主なサポート
  • 求人へのエントリー
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策の指導
  • 企業との面談日程の調整

 

中でも転職者にとって最もありがたいサポートは、書類と面接の選考指導です!

企業ごとの特性も考慮し、
希望する企業に最も好印象なのはどういった内容の回答かを指導してもらえるので、これは利用しない手はないですよね!

エントリーする企業が決まれば、なるべく早く書類を提出して添削を受けておくことで対策ができますね!

面接の感想は全て転職エージェントへ正直に伝える

ほとんどの転職エージェントでは、企業との面接終了後には担当エージェントと話す機会があると思います。

筆者がお世話になったエージェントでは、
面接終了後に電話をするか、メールで事前にもらっていたアンケートに回答することで担当エージェントとコミュニケーションをとっていました。

ここでのポイントは、
求人を見た感想と同じく、面接をした相手企業に対して感じたことを正直に答えてみましょう!ということです。

ここでも随時、
エージェントとのすり合わせをしていく感じですね!

 

ナオキ
ナオキ
最後にもう一度、
大事なことを一言でまとめておこう!

転職エージェントを最大限に有効活用するためには、
”転職エージェントの紹介”と”自分の希望”をしっかり合わせること!

 

転職エージェントを利用する際の注意点

これまでは転職エージェントを有効に活用するための”ノウハウ”をお話ししてきましたが、次は転職エージェントを利用する際の注意点についてお伝えします!

  • 転職アドバイザーの言うことを鵜呑みにしない
  • 転職アドバイザーは会社のことを全て知ってるわけではない
  • 良い格好をしようと嘘をつかない
  • 大手転職エージェントだけを絞らない

 

文字だけでは非常に棘がある感じですので、それぞれ詳しく説明していきます!

誤解をしてしまわないように、
必ずそれぞれしっかり読んで参考になさって下さいね^^

転職アドバイザーの言うことを鵜呑みにしない

当然ですが、担当アドバイザーから希望と異なる求人を紹介される可能性もあります。

転職エージェントは、掲載企業に転職者を紹介し、面接に来させることで紹介料を受け取る仕組みのビジネスモデルです。

そのため、転職エージェント側もなるべく多くの人を企業へ紹介していきたいのです。当然、必死に求人紹介もしますし大いにサポートもしてくれます。

しかし、自分の希望とズレた職種や業界の紹介があった時、よく考えず言われるがままに転職活動を進めてしまうと、ミスマッチで最悪の場合は早期退職ということもあり得るわけです!

なのでここでの注意は…

あくまで転職エージェントはサポートなので、肝心なところは自分が主導となって転職活動を進めていくこと!

ナオキ
ナオキ
せっかく紹介をしてくれたけど、
「ここは興味が湧かない!」というところはキッパリと言ってくれるくらいの方がエージェントも助かると思うんだ!

転職エージェントは会社のことを全て知ってるわけではない

これも当然と言えば当然のことですが、
転職エージェントは紹介する企業のことを何でも知っているわけではありません。

こちらが質問をすれば、
可能な限り相手企業に確認を取ってくれたりして、転職者の不安が無くなるように協力はしてくれますが、社外の人間が知れることには限界があります。

 

内部の詳しいことは内部の人間に聞くのが一番ですので、できれば入社前に希望する会社の現場の社員さんと話す機会を設けてもらうことがオススメです!

ナオキ
ナオキ
ちなみに俺の場合、
最終選考で幹部が全員出てきたから、そこで直接聞きたいことが質問できたんだ!

結論は、エージェントの言うことを鵜呑みにしないというさっきと同じことなんですが、ここでの注意点としては…

転職エージェントも会社の内部の詳しいことまでは知らないということを覚えておこう!

ナオキ
ナオキ
福利厚生とか年収の交渉など、
選考の場で直接言いにくいことはエージェントを存分に活用しよう!

良い格好をしようと嘘をつかない

筆者を担当してくれたエージェントさんから聞いたのですが、エージェントとの面談で良い格好をしようと自分のマイナスの部分やネガティブなところを隠そうとしてしまう人は意外と多いみたいです!

転職を決意した理由は何もポジティブな理由ばかりではないと思います。というよりむしろネガティブな動機の方が大多数ではないでしょうか?(笑)

アドバイザーもプロなので、
これまで多くの転職希望者を見てきている中で、自分一人の弱点など、どうせ気にしてませんw

転職を成功させたいのであれば、どうせなら弱点も全部さらけ出し、その上でマッチしてそうな求人を紹介してもらう方が後々絶対にいいですよね!

いいカッコしない!
正直に弱さを出すこと!

ナオキ
ナオキ
とは言いつつも、
もし自分の担当のアドバイザーが若くて綺麗な女性だったら…きっといい格好をしようと思うだろうなぁ(笑)(笑)

大手転職エージェントだけに頼らない

筆者が大手のエージェントを利用してみた率直な感想は…

ナオキ
ナオキ
めっちゃ求人案内来るやん!スゲー!!

 

大手の転職エージェントのメリットは何と言っても保有求人の数でしょう!

筆者は実際に大手転職エージェントの「doda」に登録して面談へ行きましたが、本当に求人の案内数がすごかったです!

「求人の数=選択肢の数」ですので、
自分の軸が決まっていて、選択肢を広げたいと思う方にとっては大手転職エージェントだけでも問題ありません。

 

ですが転職エージェントを最大限に有効活用し、自分に最もマッチした求人を引き出したい人にとってオススメの方法としては、

専門エージェントでサポートを受けながら
大手エージェントで選択肢を増やす

 

多くの方は、大手エージェントだけを利用してその中から転職先を探そうとしますが、せっかくなら専門で特化した中小エージェントと大手エージェントのいいとこ取りをしていく感じで進めていきましょう!

大手エージェントに頼り切るのではなく、
専門エージェントと大手エージェントのいいとこ取りをする!

ナオキ
ナオキ
案外両方のエージェントを使いこなしてる人って少ないよ

 

だからと言って大手がいけないかというと、全くそんなことはありません!

むしろ、まだ何も決めていない段階の人こそ、まずは大手に登録してたくさんの求人を見てみましょう!

オススメ転職エージェント

  • doda
    転職するならまずはココ!
    圧倒的求人数!!
  • リクルート
    言わずと知れた業界最大手!

WEB業界への転職にオススメのエージェント

最後にWEB業界への転職にオススメの転職エージェントをご紹介して終わりにしたいと思います!

 

ということで、
今回は『転職エージェントを最大限に有効活用する方法』についてお話ししていきました!

基本的にエージェントの利用は全て無料なので、できるだけ有効活用していくべきですよね!

上手く利用すれば、筆者のように1か月程度で希望する業界・職種の求人の紹介を受け、内定をもらうまでたどり着くことも十分に可能です!(早ければいいというわけではないですが笑)

これから転職活動を始める人は、

  1. まず転職エージェントに登録
  2. 希望をまとめてキャリア面談へ行く
  3. 選考を受けてフィードバック

これの繰り返しで、
自分にマッチした会社を見つけて転職を成功させましょう!

最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

ナオキ
ナオキ
それじゃ、また次回!!

【1分でできる】
オススメ転職エージェント診断

約3~5つの質問に答えるだけ!
あなたにピッタリのサイトを診断します!

Q1
利用したいのは?