MENU
WEB業界への転職

【現役WEBマーケターが語る】WEBマーケターとは?仕事内容や必要スキルも

↓次から記事が始まります!!


 

ナオキ
ナオキ
どうもこんにちは!
『20代のWEB業界最強転職術』のなおきです!

今回は、WEBベンチャーへ転職して改めて本業が現役のWEBマーケターとなった僕が、

「WEBマーケターとは?どんな仕事内容なのか?」

という基本的なことをお答えしていきたいと思います!

これからは時代の流れに応じて、
WEBマーケターを目指す20代の若い方が増えてくると思います!

しかし!

お悩み人
お悩み人
WEBマーケターに憧れてるけど、実際にどんあ仕事内容か?って言われるとあんまり分かってないなぁ…

っていう方、
意外と多いのではないでしょうか?

WEBマーケターへ転職を目指す人でも、現役のWEBマーケターから直接話を聞ける機会は中々無いと思います。

なので、今回は現役WEBマーケターの僕より「WEBマーケターとは何か?」というところから細かく説明させていただきます!

WEBマーケターとは何をする人?

WEBマーケターとは、WEBマーケティングを行う人のことです!

WEBマーケティングとは、その名の通りで「WEBを利用したマーケティング」のことを言います。

まず『マーケティング』ですが、
一言でメチャクチャ簡単に言うと、
「モノやサービスを売るための全ての活動」
のことだと思っていただければOKです!

 

WEBサイトやWEBサービスを用いて
WEB上で行われるマーケティングのことを「WEBマーケティング」といいます。

ナオキ
ナオキ
そのまんまやな

インターネットの特性を最大限にマーケティングの分野に活用し、利益を生む人のことを『Webマーケター』と呼びます。

WEBマーケターの仕事内容

WEBマーケターの仕事は端的に言えば、
『集客・販売・分析』です!

WEBマーケターは、WEB上でのマーケティングを担当し、WEBサイトの登録者数やPVなどを増加させ、自社に利益をもたらすことが目的です。

 

そのためにWÈBサイトのコンテンツを充実させたり、検索上位表示のためのSEO対策やリスティング広告、SNSを利用しながらWEBサイトへお客さんを誘導します。

そのために、さまざまな戦略を実行し、そこからユーザーの流入経路や離脱率を分析し、戦略の検証・改善を行います。

中でもSEOの知識は不可欠です。
SEOの知識があれば広告宣伝費を使わずに無料で大量のアクセスを集めることができるからですね!

 

WEBマーケターは、担当する業界に関する専門知識はもちろん、常に社会の変化に対して幅広くアンテナを張り、臨機応変なマーケティングを行う柔軟さが求められます。

WEB業界は進化を続けており、新しいツールやITシステムが年々登場しています。これらを活用し、マーケティング戦略を仕掛けていくのがWEBマーケターの主な仕事です。

WEBマーケターに必要なスキル

WEBマーケターは、これといって業務内容が具体的に決まっているわけではなく、また会社によっても様々です。

その分、多岐に渡るスキルが必要になります。ここで、僕が入社してから実感しているWEBマーケターに必要なスキルをお伝えします!

基本PCスキル

まず絶対に必要なのはPC操作のスキルです。最低でもWord・Excel・Powerpointが十分に使えた方が良いです。

特にExcelは数値の分析で使いまくるため、高度なスキルは不要ですが、数値の計算は必ず必要なスキルになります。

コミュニケーションスキル

WEBマーケターの仕事は、一人だけで進めるわけではなく、多くの場合はWEBデザイナーやエンジニアや営業等、様々な人と一緒に仕事を進めていくことになります。

マーケティング戦略の施行はチームプレーになるので、周囲と力を合わせて意見を交換しながら戦略を組み立てていくスキルが求められます。

論理的思考力

仕事ではPDCAサイクルをしっかり回すことが何より重要です!

目標を設定し、具体的にどんな行動を起こせば結果に繋がるのか?と計画を立てる力が結果を残すためには必要です。

情報収集・解析スキル

ネットを利用して正確な情報を収集する能力です。集めた情報や数値からサイトの改善点を知り、ユーザーニーズを知る解析スキルも重要です。

サイトの分析には、Googleアナリティクスを利用することがほとんどなので、まずはGoogleアナリティクスの使い方を学びましょう!

WEBサイト設計スキル

集客ができるかどうかは、SEO的にもサイトの構成は大きく影響してきます。なので、サイト設計を行うためにも、WEBサイトがどう作られているのか最低限の知識は持っておくべきです。

可能であれば少しだけでもプログラミングの基本を知っておくことがオススメです!後に必ず役にたちますので!

企画力

世間の流行を掴みながらお客さんに刺さるマーケティング戦略を企画していくことがWEBマーケターには必要になります。

WEB業界では情報が一気に全世界へ配信されるので、当たる企画を打ち出すことができれば爆発的に伸びる可能性もある夢のある業界です。

なので、『企画力』は非常に重要なスキルの一つですね!

WEBマーケターになるためには

まずWEBマーケターになるためには、
一般の企業のWEB担当者を募集している会社か、WEBマーケティング会社へ転職するしかないですね。

ですが、一般の企業はWEBマーケティングの知識は皆無なので、WEBマーケターとして成長していきたいのであれば、僕のようにWEBマーケティング会社へ転職することがオススメです!

WEBマーケティング会社へ転職するためには、まずはWEB・IT業界の専門エージェントへ登録しましょう!

オススメのエージェントをコチラの記事で紹介しています!

【WEB・IT業界専門転職エージェント3社を大比較!】オススメランキングTOP3!
↓次から記事が始まります!!








と、今回はWEB・IT業界に転職したい人へ向けて、オススメできる転職...

 

ちなみに僕もエージェントには登録していましたが、

ナオキ
ナオキ
経験ゼロですけど、
WEBマーケターになりたいです!

って言っても、
どう考えても無理そうだったので(実際に全然決まらなかったし)

次の2つのことをしました。

  1. 副業でブログを始めてみる
  2. 基本的な専門スキルの学習

とにかくまずはやってみよう!
っていう気持ちでどちらも始めてみました。

 

勉強しながら自分の好きなテーマ(スキー)でブログを続けていると、半年くらいで徐々に結果が出始めました。

それ以前に普通に楽しかったので、「WEBマーケターになりたい!」という気持ちが強くなり、ブログでの実績を持って再度転職活動をしてみると、すぐに希望のWEBマーケティング会社に内定が決まりました。

と言うわけで、

WEBマーケターになるためには、
転職エージェントに登録して、まずは自分でやってみる!

という行動が一番近道でかつ、
大事なことだと思いますので、これからWEBマーケターを目指す方は、是非参考にして下さい!!

それでは今回は以上です!

ナオキ
ナオキ
最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

【1分でできる】
オススメ転職エージェント診断

約3~5つの質問に答えるだけ!
あなたにピッタリのサイトを診断します!

Q1
利用したいのは?